ネイルをして指先もお洒落になろう!

簡単アレンジ!ネイルデザインを可愛くする方法

ラメ入りや蛍光色、女性らしい優しい雰囲気のパステルカラーなど、ネイルカラーの種類はどんどん豊富になっていくばかりです。
単色塗りも大人っぽくシンプルで良いのですが、「何か物足りない…」「もっと可愛く個性を出したい!」っと思ったら、あらゆるアレンジが出来、他の人と差をつけられるのがネイルカラーの良いところです。
サロンではもちろん、セルフでも簡単にアレンジすることが出来ます。
マスキングテープなどの粘着力の弱いテープで、塗らない場所をカバーすればストライプ柄やボーダー柄が作れますし、そのままネイルのデザインとして使えるテープなんかもあります。
細い筆や爪楊枝を使って、ドット柄やマーブルを作るのも簡単ですし、中にはスポンジを使って、グラデーションにネイルカラーをつけ、そのまま爪にスタンプといったお手軽な方法まであります。
意外なアレンジ方法はたくさんあり、自分なりのアレンジ法を考えてみるのも楽しいかもしれません。

ネイリストとの相談で理想のネイルデザインに

ネイルサロンは、ここ数年の間にすっかり浸透してきました。
それに伴い、特にマニキュアをを自分で行うだけでなく、より長持ちするジェルネイルなどを自宅で行う人も増えてきました。
また、趣味が高じて、プロのネイリストになって開業する人もいます。
マンションの一室などで行えますし、初期投資が比較的少なく済むので、ネイルに興味があって接客業に就きたい人には最適な職業の一つと言えます。
それでも、やはりネイルサロンでプロに施術してもらいたいという人も多く、その場合には、デザインやカラーなどをネイリストと十分話し合って決めていくと満足のいく仕上がりが期待出来ます。
美容室などと同じで、気に入ったデザインを見つけたら、スマホなどで撮影しておいて、ネイリストに見せながら自分の理想をネイリストとどこまで共有出来るか、が仕上がりの満足感に繋がります。
また、ショップにはデザインやカラーの見本がある事が多いのですが、このカラーでこのストーンで、などと細かく希望を伝えた方が、互いに満足のいく結果になることが多いようです。

recommend

2017/4/11 更新